先頭へ


























 





ただし、下記の内容のような場合、または2年目以降からは有償となります。
(金額はその都度お見積もりいたします)

家具に熱い物(お鍋やヤカン等)を直接置かれて、木部が焼けた場合。
科学雑巾等の使用による、変色等をした場合。
・使用中、温風ファンヒーターや空調器等の熱により変色・変形、また天板が反ったり
 割れたり等した場合。

・テーブルの天板の上に、ガラス板やビニール製のマット等を敷いて天板が反ったり
 割れたり
等した場合。

・家具の上に人が乗ったり、極端に重い物を置かれて、損傷・破損した場合。
・オイル仕上げ商品にシミ等ができた場合。
 (お客様の方で、簡単にメンテナンスして頂けます)
・オイル仕上げ商品に、アルコールの入った除菌液などを使用した場合。
 (オイル塗装が溶けてしまう可能性がございますので、ご使用はおやめ下さい)
ご購入後の移動・輸送による損傷の場合。(納品時の輸送による損傷の場合を除く)
・その他、使用目的以外での使用や、明らかに不適当と思われる取扱による
 変色・変形・損傷の場合。


※1:金物や蝶番などの使用頻度による消耗部品のため保証は6ヶ月間とさせて
   いただきます。
   (初期不良及び、構造的欠陥、取り付け不良の場合は無償で交換させて
   いただきます)
※2:張り地などの布類保証対象外とさせていただきます。
   ほつれなどの初期不良の場合は無償で交換させていただきます。








商品のお取り扱い

木製家具
家具は、直射日光の当るところ、また冷暖房器のそばなど温度差の激しいところ、湿気の多いところには設置しないでください。窓の近くに設置する場合は日中レースのカーテンなどを閉めて下さい。
普段はマメに乾拭きをして、なにかこぼしたり汚してしまったらすぐにふき取るよう心がけてください。
オイル塗装商品につきましては、アルコールの入った除菌液などを使用した場合、オイル塗装が溶けてしまう可能性がございますので、ご使用はおやめ下さい。
つや消し塗装の家具に家具用ワックスを使うと、色ムラになってしまう場合があるので気をつけてください。
テーブル、チェスト、テレビボードの天板には熱いままのナベやヤカンを直接置かないでください(鍋敷などを使ってください。)
汚れなどをとる場合は、中性洗剤をぬるま湯で100倍程度に薄め柔らかい布を浸し、固く絞ってふき取った後、ぬるま湯に浸した布で洗剤をふき取り、乾拭きしてください。

 

布製品
ホコリや汚れを取り除いて、いつも清潔に保つことが張り地を長持ちさせるコツです。ブラッシングしながら表面を叩いたり、掃除機でホコリを取り除くようにしてください。
汚れた場合は40度くらいのお湯で薄めた中性洗剤でふき取った後、きれいなお湯で拭いてください。その際、後から前、上から下、または毛並みに沿ってふくと良いでしょう。カーペットクリーナーなどは使えますが、必ず目立たないところで試してから使ってください。

 

革製品
できるだけ直射日光が当たらないようにしましょう。また熱に弱いので、エアコンの噴出し口やストーブの近くには置かないようにしてください。窓の近くに設置する場合は日中レースのカーテンなどを閉めて下さい。
汚れたら、専用のクリーナーでメンテナンスします。クリーナーは直接吹き付けるのではなく、やわらかい布などにつけてから(クリーナーの説明書に従ってください)、また使う前に必ず目立たない部分で試し拭きをしてください。

 


オイル塗装の商品
オイルメンテナンスとは、家具を長くお使いいただくと、小さな傷がついてしまうことがあります。そういった傷や汚れは、メンテナンスをきちんとすれば、新品同様に生まれ変わります。
ですから、お客様にきれいな状態でいつまでもお使いいただくために、オイルメンテナンスのご紹介をいたします。
※オイル使用上の注意
オイルは自然発火のおそれがあるため、オイルを塗る際に使用した布はすぐに焼却していただくか、水につけて処分してください。


【オイルメンテナンスについて】
このテーブルは、一年ほど使用していますので、
水などのしみ・ボールペンのインク等が付いています。このテーブルを例にして、
オイル仕上げ商品のメンテナンス方法をご紹介いたします。

今回用意したもの
サンドペーパーを固定する道具。ホームセンターにて¥1,800ぐらいで売られています。地域により値段の違いはございます。 平らな角材にサンドペーパーを巻くと使いやすくなります。ホームセンターにて¥50ぐらいで売られています。地域により値段の違いはございます。

(1) サンドペーパー#320(ホームセンターなどにあります。値段:¥60ぐらい)で
表面を木目にそって一定の方向に磨いてください。

(2) 磨いて出てきた木くずは、きれいに拭き取って下さい。
(木くずの拭き取りとオイルを塗る時に使った布「ウエス」、
ホームセンターなどにあります。値段:一袋¥400ぐらい)
ご不要の布キレでもかまいません。
ここまでの所要時間:約5分

(3) オイルを柔らかい布に含ませて、
サンドペーパーで磨いた部分に塗ってください。

(4) オイルを塗り終わったら、
すぐに柔らかい布で拭き取ってください。

(5) (3)〜(4)の作業を2〜3回行ってください。
(3)〜(5)までの所要時間:約10分

(6) 12時間ほど乾かしてください。










SSL GMOグローバルサインのサイトシール