先頭へ





























  テーブルの取り扱いについて


1. 熱い物(お鍋・フライパン、ヤカンetc)をテーブルの上に置くときは、熱で天板が焼けてしまう恐れがありま
  すので、直接置かないで出来るだけ鍋敷き等をご利用下さい。
テーブルの取り扱いについて テーブルの取り扱いについて



2. お手入れの際、変色等の原因になりますので、化学ぞうきんは使用しないで下さい。
テーブルの取り扱いについて



3. 天板のソリの原因となりますので、温風ファンヒーター等は出来るだけ直接テーブルに当てないで下
  さい。
テーブルの取り扱いについて



4. 天板のソリの原因となりますので、天板の上にガラス板やアクリル板・ビニール製のマット等を、長
  時間置かないで下さい。(天板の片側しか呼吸が出来なくなる為、天板が反ってしまいます)
テーブルの取り扱いについて



5. キズや破損等の原因になりますので、テーブルの上に人が乗ったり、極端に重い物を置いたりしない
  でください。

テーブルの取り扱いについて



6. 脚のぐらつきの原因となりますので、お掃除をする際などにテーブルを引っ張らないでください。ご面
  倒でも出来るだけ持ち上げて移動してください。

テーブルの取り扱いについて



7. オイル仕上げのテーブルの場合、冷たい缶ジュース・ビールやコップ等を、そのままテーブルの上に長時
   間置かれますと、水滴によって輪ジミなどの原因になりますので、直接置かないで出来るだけコースタ
  ー等をご利用下さい。

  ※もし、シミになってしまった場合でも、簡単にメンテナンスが出来ます。
  ※特に、使い始めの3ヶ月間は、出来る限り慎重にお使い下さい。(オイルは時間が経つと、硬化
    して強くなります)
テーブルの取り扱いについて テーブルの取り扱いについて
  また、オイル仕上げのテーブルを購入されるお客様は、メンテナンスする際、説明書の手順に沿って
  行ってください。
(説明書を紛失されたり、分からない場合は必ずご連絡ください。)

  メンテナンス方法につきましては、こちらからご覧になれます。



当サイトで取り扱う商品は、すべて天然木を使用しておりますので、製品になっても、常に木は、呼吸しています。そのためどんな商品でもその土地の気候や湿度によって、木が少し変化したりすることがあります。目に見えて明らか変化(極端なソリ、割れ)の場合はご連絡ください。早急に対応させていただきます。 しかし例として奥行100cmのテーブルだと夏と冬では1cmぐらいの差が生じる場合があります。そこで天然木がゆえに生じた若干の変化については、クレーム対象外とさせていただきます。

【注】当社で取り扱う商品については、上記のようなクレームが発生しないように、木の乾燥、製作に最大限の
   注意を払っておりますのでご安心ください。






ホームへもどる









SSL GMOグローバルサインのサイトシール